スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
「江戸の青空」北九州公演~アフタートーク~【そんな追記あり?】
・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・




だはぁっ( ̄□ ̄;)!!


やっと、やっとテストが(一応)一段落つきました~ヾ(≧∇≦*)ゝ


ほっ(´∀`)☆


ご無沙汰いたしました!生きてました、こんでございます。
一ヶ月以上放置してしまいました(!)
あれからテスト、テスト、テスト、テスト・・・と緊張の抜けない日々が続きまして。
「受験生になったんだなぁ~!」という実感があります。

まぁそんな中でも息抜きは必要。と言うわけでございまして・・・

・ラーメンズ「tower」福岡公演

・「江戸の青空」北九州公演

へ行ってまいりました~!

ラーメンズはシゲちゃんのザ・クイズショウで田崎役をやった
片桐仁さんと小林賢太郎さんの男二人のコント集団。
二年に一度の本公演はチケットが取れないほど!らしい。

・・・いやいやハマった!
何でしょう、あのジワジワとくる面白さ。最初から笑いが絶えず、
あっという間に二時間。もうお腹が痛くて・・・。

あの~、小林賢太郎さんに惚れました~(笑)
脚本、演出は小林さん。細かいところまでこだわってて、
観に来た人だけが見れる小林さんからのメッセージや
片桐さん直筆のアンケート用紙(笑)


グッズはこちらを買いました↓
CAQQ5DFL.jpg
仁さんのは直筆サインつき!



さて、ラーメンズさんの翌週は「江戸の青空」を観てまいりました♪
初の北九州芸術劇場(中劇場)きれいなホールでした。
二日目の昼公演、夜公演の二回。
夜公演にはアフタートークもありました!
ではではそのレポをしたいと思いまーす☆
(ネタバレはありません。長いですがそれでもかなりはしょってます)

【とんでもない追記】
わたくし、中井出健さんを今の今までずーーっと「坂出健さん」と
間違って覚えておりました。大変失礼なことをいたしました。
中井出さん、その関係者の方々、本当にすみませんでした!
あ~バカだ~わたし!以下、訂正いたしました。



全員衣装のままで登場(!)席順は下手から
植本さん 有門さん 小西さん 戸次さん 松永さん 松尾さん 吉田さん 
西岡さん 須藤さん 花録さん 中村さん いとうさん 蘭香さん 中井出さん


司会は植本さん!

植本「この時間をお借りして『江戸の青空』アフタートークを開催します。
   東京公演を経てやっと北九州にやってまいりました。ただいまー!」

「江戸の青空」は北九州芸術劇場プロデュースだったんですね~。

植本「テーマは『私と江戸の青空』(須藤 え~~!?)
    『私と北九州』『私と健康』『私とダイエット』で。
   トップバッターは北九州代表有門君から参りましょう」


有門「福岡の『飛ぶ劇場』に所属している有門正太郎です。
   北九州に住んでいます。東京ではウィークリーマンションです。
   テーマは健康で。自転車を買いまして!かなり痩せました」


中村「くず屋です~。私と小倉で。
   子供の頃5年間博多に住んでました。昔のフック船長みたいな
   友達のおじさんがいて・・・恐ろしいところだなぁという印象です(笑)」


蘭香「??え~と・・・」

植本「もう何でもいいよ(笑)」

蘭香「女子の間でみんなでボーダーを着たり色を揃えたりして
   いつ男子が気づいてくれるかな?って遊びをやってたんですが。
   自分が好きな男子ばっかり(笑)」

有門「ボーダーのときは僕もたまたまボーダー着ててかぶっちゃいました」
蘭香「最初に気づいてくれたのは徳馬さん、さすがです」

松尾「かぶってるって言っちゃいけないかな~って思ってた(笑)」


須藤「子供がいるので普段はダイエットとかできないので地方に行ったら
   しようと思ったけど広島公演でまずお好み焼き食べておでん食べて・・・
   差し入れも一回はガマンするけど結局食べてしまって。誘惑に弱いです」

須藤さん、楽屋で今日はしゃべらないからって言ってたけど人の番のときに
よく入ってくるからそれをつっこまれてました(笑)


中井出「小倉に来たのは初めて。
   有門さんにおいしいラーメンを食べに連れて行ってもらって。
   レアさんとあいこさんと一緒に・・・やっぱりおいしいですね~。
   とんこつくさいかと思ったんですけど」

有門「くさくないよーー!」

中井出「いや、けものくさいんですけどあっさりしてておいしかった♪」

松尾「なんで誘ってくれなかったの?」

中井出「友達じゃないから(笑)」
ここで松尾さん、持っていたペットボトルを落とす(爆)


戸次「え~~~っと」

松尾「良いことあったね♪」

戸次「寝違えまして・・・なおりました・・・(松尾さんに)やめてください(照)
   昨日ジョギングしてたらタクシーの運転手さんにすっごい叫んでる
   おばちゃんがいて・・・しばらく見てました(笑)
   小倉にはすごいおばちゃんがいるなぁって思った。
   あと、昨日小西くんとラーメン食べに行ってきまして・・・」

松尾「なんで誘ってくれなかったの?」

戸次「友達じゃないから(松尾さん、こける)
   九州のラーメンは安いっていうイメージがあって300円、400円?
   くらいで食べられるんですよね?」

有門「屋台だったら280円でありますよ!」

戸次「ねぇ?そしたら・・・うん、割とする(笑)量は普通で・・・
   でもでもすっごくおいしかったです」

シゲちゃんは結構長く話してくれたんですが、やれラーメンが高いとか
味は普通だっただの・・・これは小倉サービスになったのかい?
さすがミスター残念!いやぁ~でもかっこよかった!!


いとう「小倉城に登って、飛脚と競争してきました♪」

会場&みんな「へ~。え~!?」(なんかそういうのがあるらしいです)

いとう「それもなかなか更新しないブログに書いてますので・・・
  見てみてください」

植本「宣伝上手!(笑)」


松永「年に1~2回はこの劇場に来てます。ここに来ると荷物が増えて
   帰ってくるんです。リバーウォークの中にあるのでつい買い物
   してしまって・・・東京にも大阪にも同じお店あるのにねぇ(笑)
   なので最初から荷物は半分くらいにしてます」


小西「僕と小倉。今回初めて来たんですが何か思い出を作りたくて
   昨晩、繁華街に行ったらストリートミュージシャンがいらっしゃって
   楽しそうで楽しそうで声かけちゃって。そしたらギター貸してくれて
   一緒に歌ってました(笑)」

会場「ええええええ~!?」

植本「歌ったのかよ!」

小西「怖いお兄さんがいたけど僕にはすごく優しかったです(笑)
   僕と小倉でした♪」(きゃ~~かわいい、おいおい)


花録「私も、小倉と私。15のとき、落語で初めての地方公演は小倉でした。
   昨日スタートレックを観に行ったんですが全席指定の映画館で
   お客さん5人くらいしかいなかったのに僕の席(ど真ん中)に知らない
   おじさんが座ってて仕方なく違う席に座ったらそのおじさん始まった
   とたんに出ていっちゃった。ほんとに小倉の人は品がないな(笑)」


西岡(おもむろに着物の袖からマイクを取り出す)
   「自分とまったく同じような堅物の役をやっています」

みんな「ちがうちがう(笑)」

植本「残念な二枚目だなぁ」

西岡「私と小倉で。私が初めて正式に付き合った人、
   それが小倉の人でした」

松尾「あ、今日いらっしゃってますよ」

あと、文学座の話などをされてました♪とっても優しそうな方でした。


吉田「今日は一人だけすごく笑うお客さんがいたけど、普通はそういう
   お客さんがいると周りの人は引いちゃうんですが、
   今日はそういうことなかった!だから今日のお客さんは人柄が良い。
   (客席を指差して)あの辺にいたんだよね~。僕と今日の笑うお客さん
   ということで(笑)顔が見たいな~。私!っていう人手を挙げて!
   ・・・いないかぁ。本人は自覚してないんだよね。
   そして今日は男性のお客さんも多いから嬉しい♪」

たしかに・・・その女性の笑い声はちょっと気になりましたけど(笑)
それから笑い声なくなったなぁ(爆)


植本「最後はお話のプロに・・・松尾さん」

松尾「この劇の中で一番印象の悪い役をしました、
   一番印象の悪い松尾です(笑)
   私と小倉、略してワクラ(?)僕と小倉、略してボクラ(爆)」

お題は「私と小倉」。
以前、小倉の夜の街で絡まれた話などをたっぷりとされました。
おもしろかった~。おもしろすぎてメモし忘れました(笑)
飲みにいったら最後までいる方だけど、小西くんには負けるそうです。

松尾「小倉に来るのは本当に夢で・・・おっと、また夢になっちゃいけねぇ
   ということでここら辺で終わらせていただきます」

役者一同「おお~~!」
さすが見事な〆の言葉!わかる方はお分かりですね♪


まぁ、ざーーっとですがこんな感じでした。
時間にして40分くらいあったかなぁ。
みなさん芸達者でお話もおもしろくて半分も書けていないと思います。


このあと四季友さんのtakaさん一家と夜の街へ・・・(笑)
久々の再会は楽しくって、夜遅くまで本当にありがとうございました。
CAGORCR0.jpg 
お料理もおいしかったです♪

CA0LRFMM.jpg 
かわいいお皿も思わずパチリ☆





今日のこんフォトポイント☆

「オレが一生、郁代さんを守ります!」
CA6I2OAN.jpg

「お願いね、わたしのナイトさん♪」
CA6AYSNH.jpg
(wowow 下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。 より)


映像で観ても涙・涙・・・。
写真はお気に入りの修一&郁代さんペア♪










スポンサーサイト
【2009/06/28 17:00 】
戸次重幸 | コメント(18) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。